スイングコーディネーション


NOVASTゴルフ理論に基づいたスイングコーディネーションエクササイズの紹介です。


基本的にはゆったりと握れるようにクラブを反対に使います。

素振り用の練習器具を使っても同様ですが、すっぽ抜けにご注意ください。

<第1の素振り>

まずは左に大きく振る素振りです。

少しステップしても構わないので、とにかく左でブンッと音がなるように振ります。

音が右で鳴る場合はリリースが早いので少しリリースを我慢してみてくださいね。

<第2の素振り>

次に、トップで止めて、フィニッシュでも止める素振りです。

トップの形とフィニッシュの形にこだわってください。

トップではすでに左荷重ですが、体幹が傾かないようにしましょう。

そして左肘は伸ばしましょう。

右手関節はオカモチを意識します。

そうすると脇が開かないですね

フィニッシュではバランスを崩さないようにピタッと止まります。

左荷重ですが、右側にも少し乗っています。

フォローではあまり伸び上がらない気をつけてくださいね。

<第3の素振り>

最後にインパクトゾーンの練習です。

ここが最も重要と考えられます。

トップから、腰だけを切り、手が右前ポケットの位置です。

胸はまだ右を向いているように意識します。

両肩の高さで判断してください。

まだ右方が少し上にありますね。

ここから振り抜いていきますが、しっかりブンッと音がなるように振ります。

フォローでは両肘が伸びることに注意してくださいね。